転職成功ノウハウ

新卒の転職タイミングはいつ?1年目2年目での転職は可能なのか

新卒で入った会社で苦労する人は沢山います。

周囲からは「数年間は勤めてみないと解らない仕事の楽しさもある」と言わるし、転職では不利になってしまうかもとストレスに耐えながら頑張っている人も多いのではないでしょうか。

もちろん、3年間くらいは仕事に取り組まなければ解らない事も多いでしょうし、だんだんと仕事を覚え、任される仕事も大きくなっていけば、楽しくなる事も考えられます。

しかし、周囲のアドバイス通り3年5年と働いても、何も状況が変わらなかったという人も少なくないでしょう。

このページでは、新卒の転職タイミングについて解説します。

どのタイミングで新卒で入社した会社を辞めて転職すれば良いのか解らない人は、ぜひ参考にしてください。

ホワイト求人の紹介が多かった転職エージェント

20代・30代のホワイト求人が豊富!関東・関西圏におすすめ

マイナビエージェントを利用した際の感想は、ホワイト求人の紹介が多く、丁寧に紹介の理由まで教えてくれたので安心して、任せられたという印象が強いです。

徹底した職務経歴書や面接対策など手厚いサポートでバランスが良く、無理に転職を急かされることもないので、利用者の評判もかなり良い転職エージェントです。

20代・30代の良質な求人案件が豊富なので希望通りの内定を得たいなら利用価値が高いです。

マイナビエージェント(登録1分・履歴書不要)

新卒の転職タイミングはいつがいいの?

転職のタイミングは、人によって違うでしょうし、一概に「いつ」と言えるものではありません。

しかし、タイミングを図っている人にとっては、いつなら有利な転職ができるのか知りたいところだろうと思います。

新卒の離職率は約3割

新卒から3年間での離職率は平均で3割程度です。つまり、3割の人が3年以内で新卒入社した会社を辞め転職しているということです。

ただでさえ少子高齢化やリーマンショック後の不景気の時代に新卒採用を見送った影響もあり、若手の人材不足は深刻な状況です。

その上、新卒者も3年以内に3割辞めていくのですから、若手を欲しがる企業はさらに多くなります。

その為、新卒から3年未満の20代前半のビジネスパーソンは「第二新卒」と呼ばれ、即戦力でなくても人物本位で採用を決める枠が存在します。

つまり、比較的いつでも転職すること自体は可能です。

転職するか残るか転職について考える

第二新卒枠があるからといって、必ずしも今の会社より条件が良くなるとは限りません。何年目なら良くて何年目なら悪いといったことだけではなく、本当に転職して後悔しない事が大切です。

  • 転職することで、現在の不満は解消できるのか
  • 転職することで、希望が実現できるのか

というようなことを1つずつ明確にしていく事が大切です。

残ったほうが良いと判断する人もいるし、転職を決断する人もいますが、勢い任せに転職しても転職先は見つかるでしょうが、良い転職になるとは限らないというところが重要な視点です。

経歴とみなされるのは3年以上から

一派的に、経歴とみなされるのは3年以上からです。つまり新卒から3年未満で辞めた場合は、経歴とはみなされないことがほとんどです。

3年未満で辞めても第二新卒枠として求人は豊富なので、問題ありませんが、その後も数年で辞めるようなことが続けば、経歴としては傷がつきますし、人材価値を著しく下げる原因になってしまいます。

だからといって3年間は我慢しろと言うことではありません。3年間無理して勤めたとしても、ただただ我慢の連続で心身ともに疲弊しながら、得ることもなく時間を費やすだけになることもあるでしょう。

大切なのは、転職するのであれば、ある程度満足度が高く、長く勤められる可能性が高い企業をしっかりと選定することです。

その為には、自分の事も知らなくてはなりませんし、企業のことも知らなくてはなりません。

新卒1年目は我慢したほうが良いケースも

あまりに短い職歴では「また辞めるのでは?」と良くない印象を与えてしまうのは否めません。第二新卒自体、そういった枠なので採用担当者もそのつもりではいるものの、面接のやりとりで「長く勤めてもらえそう」という手応えを感じないとなかなか採用はしづらいです。

その意味では、少しでも長い経歴があるほうが望ましいですし、半年程度の職歴より最低でも一年は我慢してから転職したほうが有利になることは間違いありません。

ただ、ブラック企業で疲弊している場合は、うつになったり健康を害する前にとっとと転職したほうが良いでしょう。無理して我慢を続けることばかりが良いことではありませんので、自分の心や体と相談して決めていきましょう。

転職先を見てから決めれば良い

結局のところ、何年目が良いなどと、転職のタイミングを図ったところで、上手くいくとは限りません。

転職は、現状の不満を解消して、希望を実現していくために行うものだと思います。

その意味では、良い転職先があれば転職したら良いし、そうでない場合は会社に残るという選択肢もあります。

転職を考えているのであれば、まずは、どのような求人があるのか、転職エージェントに相談することをおすすめします。

そこで紹介される求人が、自分にとって満足できそうなのかどうかで、転職活動を行うかどうか決定していけば良いです。

その際、自分の希望を明確にし、紹介される企業で実現できるのかどうか、しっかりと見極めることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
複数の利用で転職成功をマイナビエージェント』は、サポート力もありホワイト求人の紹介にも定評があるので多くの人におすすめです。

ただし、転職成功は、優秀なキャリアアドバイザーに出会えるかどうかで決まると言っても過言ではありません。

優秀なキャリアアドバイザーに出会う為には、初めから複数の転職エージェントに登録することが必要です。

実際のところ転職では、ほとんどの人が3社以上のエージェントを利用しています。

マイナビエージェント』の他に今すぐ登録しておいたほうがいい転職エージェントは、タイプ別に以下に紹介しておきます。

・転職が初めてという方は、以下の3つのエージェントがオススメ

リクルートエージェント
DODA
パソナキャリア

・第二新卒での転職を検討している方は、以下の2つのエージェントがおすすめ

リクルートエージェント
ハタラクティブ

・ハイキャリア(現在の年収が500万円以上)の転職を検討している方は、  以下の3つのエージェントに登録して求人の幅を増やしましょう。

リクルートエージェント
JACリクルートメント
ビズリーチ

その他のエージェントについては、転職エージェント比較のページをご覧ください。