type転職エージェントの面談と電話面談について知っておくべきポイント

type転職エージェントでは、登録後にキャリアカウンセリングと呼ばれる面談を行い、経歴や希望条件のヒアリング、キャリアプランの共有をした上で、求人紹介をしてもらうことになります。

このページでは、type転職エージェントの面談や、電話面談について知っておくべきポイントや注意点などを解説していますので参考にしてください。

ホワイト求人の紹介が多かった転職エージェント

20代・30代のホワイト求人が豊富!関東・関西圏におすすめ

マイナビエージェントを利用した際の感想は、ホワイト求人の紹介が多く、丁寧に紹介の理由まで教えてくれたので安心して、任せられたという印象が強いです。

徹底した職務経歴書や面接対策など手厚いサポートでバランスが良く、無理に転職を急かされることもないので、利用者の評判もかなり良い転職エージェントです。

20代・30代の良質な求人案件が豊富なので希望通りの内定を得たいなら利用価値が高いです。

マイナビエージェント(登録1分・履歴書不要)

type転職エージェントの面談の流れ

type転職エージェントに登録すると面談の日程調整の連絡がきます。

面談場所は、東京メトロ「赤坂見附駅」から徒歩1分にある、type転職エージェントを運営する株式会社キャリアデザインセンターで行われます。

 

キャリアデザインセンターの住所は下記の通りです。

赤坂ロングビーチビル
〒107-0052 東京都港区赤坂3丁目21−20

面談の設定時間は平日10:00~19:45、土曜日は10:00~18:30で、日曜日は面談を行っていません。

平日夜や土曜日も面談を行ってくれますので、忙しい人でも比較的面談を受けやすいです。

ただ、面談場所が赤坂見附のキャリアデザインセンターに限られるので、遠方の方や、忙しくて面談が難しい方は、電話面談も受け付けています。

面談の時間は・・・

  • 直接面談・・・約1時間半
  • 電話面談・・・30分~1時間

面談は、キャリアアドバイザーと顔を突き合わせて、しっかりコミュニケーションを取るのが望ましいですが、状況に合わせて利用できるのは便利です。

キャリアカウンセリングの内容は

  • 経歴やスキルの棚卸
  • 業界動向や求人傾向を踏まえたキャリアプランニング
  • 転職のタイミングや可能性についての相談
  • 転職活動に関する不安についての相談

経歴やスキル、今後のキャリアプラン、希望条件を踏まえた上で、マッチする求人を紹介してくれます。

面談の前に、希望条件の優先順位を決め、譲れる条件と譲れない条件を明確にしておくようにしましょう。また、どんな相談にも丁寧に答えてくれますので、あらかじめ質問したいことを考えていくのも良いと思います。

doda
DODA圧倒的な非公開求人数!サポート力にも定評がある全年齢におすすめ

キャリアアドバイザーは業界・職種別に担当が分かれている為、プロフェッショナルのサポートが受けられます。

紹介される求人数や頻度など5つの満足度でNo.1。登録必須の転職エージェント。

サイト登録・詳細を見る

面談時前に準備しておくことは?

typeの面談前に準備しておくことは下記の2点です。

  • 履歴書・職務経歴書を送付しておく
  • 希望条件を明確にしておく

履歴書・職務経歴書については担当によっては先に送付を依頼してきますが、依頼されない場合もできれば面談前に送付しておくことをおすすめします。

先に目を通してもらえれば、面談時に無駄な時間を省けますし、エージェントも求人紹介がしやすいです。

また、希望条件が曖昧なまま面談すると、キャリアプランの共有に時間が掛ってしまいます。より求人の具体的な話に時間が使えるように、「どんな仕事に就きたいのか」「譲れない希望条件は何なのか」という点はしっかり考えておきましょう。

条件は転職で実現したいことを箇条書きにしておき、優先順位もつけておきましょう。その上で、どこまで妥協できるかのラインも設定しておくようにしてください。

希望ばかりを伝えれば、それだけマッチする求人は少なくなります。バランスよく紹介してもらうためには、ある程度の妥協も必要です。

リクルートエージェント
転職実績NO.1!20代・30代におすすめ

リクルートエージェントは最大手の転職エージェント。求人の質・量ともにトップクラスで、利用価値が高い転職エージェントです。

利用した際の感想は、提案力が高く満足の行く転職が効率的にできたという印象です。

質の高い独自案件も多く、まず最初に登録すべき転職エージェントです。

リクルートエージェントの詳細・登録はこちら

面談時の持ち物・服装は?

面談の持ち物は、基本的に担当から言われたものを持っていけばOKです。

ただ、履歴書や職務経歴書は言われなくても持参したほうが良いです。あと持っていくのは筆記用具くらいです。

書類を受け取ることになりますので、鞄はA4サイズの書類が入るものを持参しましょう。

服装に関しては自由ですが、担当は企業ともつながっていますから、失礼のない清潔な服装で臨みましょう。

男性なら襟付きのシャツにチノパン程度はOKですが、ジーパンは避けたほうが良いでしょう。

女性はキレイ目で派手でなければOKです。ただ派手な化粧やネイルは気を付けましょう。

良く解らないという場合はスーツを着て行けば無難です。普段のビジネススーツなら心配がいりません。

電話面談のみになるケースもある

前章でも遠方の方や忙しい場合は、電話面談も行っていることを説明しましたが、type転職エージェントの本社に出向けるのにも関わらず、電話面談を促される場合もあります。

電話面談を促されるケースは、基本的に紹介できる求人が少ない場合です。

type転職エージェント側も沢山紹介できる求職者を効率的に面談していきたいというのが本音のところです。

しかし、電話面談を促された場合も、「転職に関する相談を直接お話ししたいので、できれば直接面談をお願いできませんでしょうか」とお願いしてみるようにすることをおすすめします。

他の転職エージェントを利用するという手もありますし、必ずということではありません。

しかし、type転職エージェントをそのまま利用しようと思っているのであれば、電話面談より直接キャリアアドバイザーと顔を合わせて、キャリアプランを共有したほうが良いです。

どうしても電話のみだと直接のコミュニケーションと比べたときに人間関係が築きづらいですし、直接会って転職意欲を伝えたり、人間的な特長を知ってもらう機会があれば、紹介の幅が広がることもあります。