転職エージェント   2017.02.06

転職エージェントが使えないと感じた時の3つの対処法

転職エージェントが使えないと感じた時は?

転職エージェントはとても便利なサービスです。しかし、ネット上での世間の評判や体験談では、あまり良くない噂を耳にすることもあります。

正直、あなたが「転職エージェントは使えない」と思っていたり、「そんな噂を耳にして迷っている」のであれば、勿体ないとも思います。実は「転職エージェントはキャリアドバイザー次第」で評価が天と地ほど差が出てしまうこともあるという事は知っておいたほうが良いです。

この記事では、「転職エージェントは使えない」と感じた時の対処法を解説しています。

スポンサーリンク
リクルートエージェント

転職エージェントの評価はアドバイザー次第

あなたの担当となって、一緒に転職活動を進めるのですから「転職のパートナー」ともいえる重要な役割です。その人(キャリアアドバイザー)が、使えないなら、ストレスが溜まることもあるでしょうし、良い転職が望めないと感じることもあるかもしれません。

求人の質や非公開求人の数、高収入・好待遇の求人の量などは、「転職エージェント(企業)」の力の差で決まってくる部分が大きいですが、実際にあなたが転職エージェントのサービスを利用するときに一番重要なのは「キャリアアドバイザー(人)」です。

どんなに多くの非公開求人を抱えている転職サービス大手の転職エージェントでも、担当につくアドバイザーの能力や経験、また個性によっては、あなたにとって望む結果が得られない場合があります。

また、結果望んだ転職ができたとしても、感じが悪いアドバイザーと一緒に転職を進めていくのは、大変です。

結局、転職エージェントの評判は、会社の評判というより、当たったアドバイザーの評判という場合がとても多くなります。

その他の転職エージェントが使えない理由

また、転職エージェントによっては使えない地域の人も居ます。「アドバイザーが使えない」という意見だけでなく、「利用することができない」という意味で「使えない」と言われる方もいます。

転職エージェントはサービスを提供する企業によっては面談する拠点数が少ない場合も多く、地域によっては利用できない場合があります。(企業によっては委託契約している外部のエージェントが付く場合もあります)


他には、上の人のように「キャリアがないから使えない」「離職中で使えないかも・・・」といった「利用を断られるのではないか」と不安に感じている人も「転職エージェント 使えない」というキーワードを検索して当サイトに来られる場合があるようです。※もちろん、断られる事もあります。

しかし、圧倒的に多いのは「使えない転職エージェント(アドバイザー)」が多いという意見です。

転職エージェントに対するSNSでの評判

実際に転職活動を進めていて、使えない転職アドバイザーに当たったら、Twitterなどで愚痴の一つも言いたくなるのが人の性です。しかし、その人は、そう感じた時に、しっかり対処策を講じることができなかったかもしれません。転職エージェントを利用して、初めから順調に進む人は良い意見を言うでしょうし、使えないアドバイザーに当たった人は悪い意見を言います。つまり評判というのは、人の主観の集合でしかありません。

中にはこんなツワモノも・・・

 

ちなみに、良い評判も公平にツィートを紹介しておきますね。

転職の達人としては、良い評判であっても悪い評判であっても、他人の主観に惑わされずに「自分がどういう姿勢で転職活動に臨むか」ということに集中のほうが重要だと考えます。

対処法①使えないアドバイザーが付いたら変更が可能

「良いアドバイザーもいれば、使えないアドバイザーもいる」という事をご理解いただけたかと思いますので、ここからは、もし「この転職エージェントは使えない」と感じた場合の対処の方法を解説していきます。

対処法としてまず挙げられるのは「担当の交代」です。基本的に3回くらいは問題なく担当を変更してくれることが多いようですが、あまりに短絡的に変更を申し出る事が重なれば、転職エージェントの利用を断られる可能性もあります。(無制限に変更を依頼したツワモノもいるようですが)

変更の方法としては、下記にリクルートエージェントのサイトの記載を掲載しましたが、他の転職エージェントでも変更希望のフォームから理由などを記入できるようになっていますので、直接言いづらい人でも問題なく変更が可能です。

担当のキャリアアドバイザーは変更できますか?

はい、可能です。
キャリアアドバイザーの変更をご希望の場合は、下記窓口までご連絡ください。

なお、業界・職種・地域等により、キャリアアドバイザーの変更が難しい場合がございます。あらかじめご了承ください。

リクルートエージェント より引用

お互い協力して転職を進めていく姿勢は大切ですが、我慢したところで使えないものは使えないのですから、こちらの要望を無視して全くどうでも良い企業の応募を提案し続けてくるアドバイザーや、表現は汚いですが、人の話をきちんと聞けないおバカさんが担当についてしまったら、遠慮なくアドバイザーを変更してもらうよう告げましょう。

アドバイザーによっては成績の為だけに、「とっとと企業を紹介して決定したい」と思う人もいますし、親身にはなってくれるけど、的が外れてる経験が浅い人もいます。

「年収が高くいけど希望とは全く違う求人」と「年収は低いけど希望とマッチした求人」は成績重視のアドバイザーなら、前者を強引に勧めてくるケースがあります。そんな人に相談していても、希望にマッチする求人に辿り着けないですから、ある程度しっかり話して、「ないな」と感じたのなら時間の無駄にならないように交代してもらうことも大切です。

もちろん、キャリアアドバイザーとの意思疎通する努力は必要です。短絡的に使えないと決め付けずに、ある程度のコミュニケーションは取ってから変更を決定しましょう。

ただ、こちらは人生が掛かっているのですから、妥協する必要はありません。

対処法②転職エージェントを複数使う

あなたの希望の待遇や業種によっては、別のエージェントを利用したほうが、より転職先が見つかりやすくなる場合があります。アドバイザーは一生懸命あなたの条件に合った企業を提案しようとしても、ぴったり見合った案件が見つかりづらいケースも考えられます。

また、大手の転職エージェントでは、求人数が多い代わりに、業務が多いため、経験の浅いアドバイザーが増えているのも確かです。転職求人数は近年増加が続いていますので、それだけ転職エージェントはこなさないといけない仕事が増えています。

大手だからといって、全てがメリットではないし、中小だからといってデメリットばかりではありません。

前述したとおり、人によるところは大きいですが、転職エージェントの企業が違えば、求人案件も対応ノウハウも多少の違いが出てきますので、転職エージェントを複数利用するのも、対策の一つになります。

「提案された求人案件自体は気に入ったが、担当者が使えない」と感じた場合も、複数登録していたおかげで、別の転職エージェントでも同じ求人を扱っていて、スムーズに転職が進んでいったというケースもあります。

また、転職エージェントサービスを行う企業によって、強い分野に違いがありますので、業種や職種によっては、マッチングする企業の数が変わる可能性があります。その点でも複数利用したほうが良いといえます。

対処法③転職エージェントに依存しない

転職エージェントに批判的な意見を拝見していると、きっちり自分の要望を伝え切れていないケースやエージェントと建設的な話し合いができていないケースも見受けることがあります。

そういった方の多くが「転職エージェントに登録することが転職活動」と誤った認識をしていることも多いと感じます。

転職活動はあくまで「自分の人生の転換期」「今より幸せになる為の大切な行動」だと思います。あなたの大事な人生を人に決めさせてはいけません。あくまで転職エージェントは転職のツール。「バカとハサミは使いよう」とは良く言ったものので、よりあなたの転職を望み通りにするために「利用」するものです。

道具は使いよう。例えば、大工さんが道具に頼りきってしまっていたら、技術の成長は止まり、現在持つ能力以上の良い家は建てられません。全てを転職エージェントに任せ切るのではなく、自分のペースで進めてもらえるよう努力する事が必要です。

まとめ

転職エージェントは担当するキャリアアドバイザー次第で天と地ほど差が出る

良い評判も悪い評判にも惑わされないように注意が必要

使えないキャリアアドバイザーは遠慮せずに変更してもらいましょう

転職エージェントを複数利用することで得られるメリットも大きい

キャリアアドバイザーに振り回されないようにするには頼り切るのではなく、自分主導で

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

使える転職エージェントまる解り・7項目の徹底比較(完全版)

転職エージェントを利用する事が転職成功への近道ですが、利用する際、どのエージェントを使えば良いのかは迷うものです。

・求人数
・求人の質
・年収アップ率
・サポートの質
・得意分野
・拠点数


上記の「7項目」から使える転職エージェントを手間暇を掛けて徹底比較しています。

ぜひ、参考にしてください。

比較を見る

スポンサーリンク
グッドポイント

コメントを残す

*