転職の市場価値を高める方法。資格やTOEICの点数より人材ニーズに合った経歴や高いスキルが重要。

転職の市場価値 転職準備

転職ではよく市場価値という言葉を見聞きすることと思います。

市場価値が高いということは「人より優れている」と思ってしまいがちですが、市場価値は単に能力が高いことばかりが理由になる訳ではありません。

大切なのは、企業の需要と自身の年齢や経歴、スキルがマッチしているかどうかです。

このページでは、自分の市場価値を知る方法や、どうやって企業に価値のある人材だということをアピールすべきかといったことについて解説しています。

是非、参考にしていただければ幸いです。

ホワイト求人の紹介が多かった転職エージェント

20代・30代のホワイト求人が豊富!関東・関西圏におすすめ

マイナビエージェントを利用した際の感想は、ホワイト求人の紹介が多く、丁寧に紹介の理由まで教えてくれたので安心して、任せられたという印象が強いです。

徹底した職務経歴書や面接対策など手厚いサポートでバランスが良く、無理に転職を急かされることもないので、利用者の評判もかなり良い転職エージェントです。

20代・30代の良質な求人案件が豊富なので希望通りの内定を得たいなら利用価値が高いです。

マイナビエージェント(登録1分・履歴書不要)

本当の市場価値が高い必要はない

本当の意味で市場価値が高い人は、「他の人と同じでない経歴やスキル」があり、かつ「企業の人材ニーズとマッチした」人です。

そう考えれば、誰でも経験できるような経歴やスキルは、本当の意味での市場価値は高まらないかもしれません。

例えば、「少人数でもマネジメントをした経験がある」ことだったり「営業目標を達成し続けた経歴」だったりは、多くの人に経験できる可能性のあることであって、近いレベルの求職者が応募した場合、差別化には繋がりません。

例えば、本当の意味で市場価値を高めたいなら、例えば「法人営業も個人営業も経験し、どちらでも同僚より圧倒的な売上を達成し、BtoBもBtoCも関係なく爆発的に売れる営業マン」のように、「他に真似したくてもなかなかいない企業が欲しがる人材」を目指すべきと言えるのかもしれません。

しかし、転職での市場価値は、よほどハイキャリアの求職者でなければ、採用にそこまでのレベルを要求されることは無いと言って良いでしょう。

確かに真面目に働いていれば経験年数と同時に身につくスキルだけでは、他者を圧倒するような市場価値は生まれ無いかもしれませんが、アピールできる材料さえあれば、転職先が見つからないようなことにはならないし、市場価値を高めることに執着する必要はないとも言えます。

doda
DODA圧倒的な非公開求人数!サポート力にも定評がある全年齢におすすめ

キャリアアドバイザーは業界・職種別に担当が分かれている為、プロフェッショナルのサポートが受けられます。

紹介される求人数や頻度など5つの満足度でNo.1。登録必須の転職エージェント。

サイト登録・詳細を見る

市場価値を高める面接でのアピールは?

自分がどのようなキャリアプランを描き、どのレベルの会社に転職したいかでも、大きな差があるでしょうが、転職においては下記のようなアピール材料があれば、転職エージェントで紹介された企業からは内定が取れる可能性が高くなります。

  • 経験から得られる専門知識やスキル
  • 数字を根拠にした具体的な実績のエピソード
  • 仕事に対する意欲、情熱

経験から得られる専門知識や高いスキル

知識だけであれば本を読んだり、資格を取ることである程度得る事ができますし、勉強している人のほうが良い部分もありますが、実際にはスキルや専門知識は、行動に落とし込めないと役に立ちません。

しかし、経験から得られた知識やスキルについては、転職してもすぐに活かせる能力ですから、その知識やスキルを欲しい企業にとっては魅力的な人材に映ります。

面接などでアピールするには、自分の今までの経歴でどのようなスキルを身に着け、どのような知識を蓄えてきたのかを具体的に説明できるように、経歴の棚卸をしておくことが重要です。

そういった意味では、日々の仕事する上で、経験を積みながら得た専門知識や高いスキルは、高い市場価値を生む上で重要だと言えます。

数字を根拠にした具体的な実績のエピソード

具体的な実績のエピソードは、経験から得た知識やスキルの裏付けになります。

スキルは十分にあっても、それが活かせていない人も少なからずいます。「こういったスキルを身に着けた」と伝えても、説得力に欠けてしまいます。

そこで、「○○を工夫し前年比120%の売上げを達成した」「10人のまとめる責任者として新規商品を開発した」など、数字を根拠にした具体的な実績のエピソードがあれば説得力が高いアピールが可能です。

若い人で、数値化できる実績がない場合は、「こんな風に貢献した」と、できるだけ具体性のあるアピールができるように準備しておきましょう。

仕事に対する意欲、情熱

企業は意外にも仕事に対する意欲を重要視します。よく「御社で○○の仕事をして市場価値を高めたい」というような志望動機なりアピールなりをする求職者がいますが、それは仕事とは直接関係ないですし「自分の価値を高めたい」と言っている求職者に良い印象は受けません。

それよりも、「前職で培ったスキルや経験を活かして、御社で○○の仕事をすることで貢献していきたい」と仕事に対する意欲を伝えたほうが評価が高いです。

自社の業務をやりたいという意欲や情熱を感じられる人材のほうが途中で投げ出さずにやり通してくれるという印象を受けますし、小さくまとまって無難な人材より、大きな活躍をしてくれる可能性を感じられる人材のほうが魅力的です。

もちろん、単純に意欲を伝えるより、なぜそう思うに至ったかというエピソードがあるほうが説得力は増します。そのためには自己分析が十分になされていることが重要になります。

リクルートエージェント
転職実績NO.1!20代・30代におすすめ

リクルートエージェントは最大手の転職エージェント。求人の質・量ともにトップクラスで、利用価値が高い転職エージェントです。

利用した際の感想は、提案力が高く満足の行く転職が効率的にできたという印象です。

質の高い独自案件も多く、まず最初に登録すべき転職エージェントです。

リクルートエージェントの詳細・登録はこちら

資格は重要?TOEIC900点の市場価値は?

例え話で、TOEIC900点の市場価値というタイトルを付けましたが、当然ながら資格による市場価値はない訳ではありません。

もちろん、TOEIC900点は上位2%の点数ですから高い市場価値があります。しかし、逆に言えば2%しかいない点数を取得しようとしても、なかなか大変なのはすぐに解るようなことです。

そこで、800点を目指したとしても上位11%です。外資系企業や英語を使う仕事をするのであれば、意味がありますが、そうでない場合にTOEICの点数が高くても、あくまで内定の基準には成り得ないでしょう。

何が言いたいかというと、資格はあくまで資格だということです。

外資系企業でさえ、TOEICの点数よりも、実際の現場でコミュニケーションができるかのうほうが重要なのは言うまでもありません。

TOEICの点数が高いことで書類選考を通過しやすいなどのメリットはありますが、それだけで内定が決まるわけではありませんので、資格だけに執着するのは良いことではありません。

市場価値を高める為に勉強をして資格を取ることも良いですが、頭でっかちにならずに、実際の経験で身に着けた能力や実績をアピールできるようにキャリアを積んでいくことが大切です。

転職の市場価値を知る方法

転職の市場価値を知る方法は、診断テストを受けたり、診断アプリを使うのも1つの方法ではありますが、一番手っ取り早いのは、転職エージェントを利用してみることです。

転職エージェントでは、企業に人材を紹介することで、報酬を受け取るビジネスモデルなので、自分で応募するのと違って、市場価値に見合わない企業は紹介してもらえません。

反対に言えば、自分の市場価値に見合った企業を紹介されるということです。

ですから、今の自分の経歴だと「年収は○○円程度で、これくらいの希望なら通る」と判断することができます。

当然ながら、転職エージェントは保有する求人から紹介しますから、利用するエージェントによっても違いが出ますし、利用者が多い時期と少ない時期でも違いが出てきますので、最低何社からは利用したほうが良いです。

診断テストで自分の適性年収が○○円だと知ることよりも、リアルに現状でどの程度の企業に転職できるのかということが大切なので、リアルな市場価値を知れる方法だと思います。

市場価値が低いと自信がない人も、ただただ自分で低い評価を下してしまっている可能性がありますので、転職できないと決めつけるのではなく、まず一度どのような企業を紹介してもらえるか知るだけでも意味があると思います。

市場価値を高める転職エージェントは?

「このエージェントだから自分の市場価値を高めてくれる」といった事はありませんが、自分に合った転職エージェントを選ぶことで、より質の高い求人を紹介してもらえる確率を上げる可能性を高められます。

職種や業種に関わらず広範な求人が集まる「総合型」の転職エージェントで、全ての人におすすめなのは、求人数が他社と比べて圧倒的な『doda』『リクルートエージェント』です。求人が多い分、選択肢を増やすことができます。

自分に合ったと前述しましたが、総合型の転職エージェントよりも、良質な求人の紹介を受けられる可能性がある人もいます。

それは、専門性の高い業界特化型の転職エージェントが使える業種やタイプの人です。

  • IT・WEB系業界の人
  • 外資系企業希望の人
  • ハイクラス・エグゼクティブ
  • 医師
  • 看護師
  • 薬剤師
  • 保育士
  • アパレル希望の人
  • 既卒・フリーター

などが、専門性が高い特化型の転職エージェントがある業種やタイプです。

それぞれ、おすすめの転職エージェントを挙げておきますので参考にしてください。

IT・WEB系業界の人・・・ワークポートレバテックキャリアリクルートエージェント

外資系企業希望の人・・・JACリクルートメント

ハイクラス・エグゼクティブ・・・ビズリーチJACリクルートメント

医師・・・エムスリーキャリアエージェント

薬剤師・・・薬剤師ナビ

保育士・・・【保育のお仕事】

アパレル希望の人・・・クリーデンス

既卒・フリーター・・・就職Shop