休題

サッカーワールドカップグループリーグ順位決定方法

2018サッカーW杯のグループリーグ。日本のいるグループHは、各チームが2戦目を終えましたね。

日本は1勝1分けで勝ち点4!執念で追いついてくれて深夜に楽しませてもらいました。

2戦目の結果を受けて、決勝トーナメント進出の決定は最終戦の結果次第ということになりました。

「最終戦で日本が負けてしまっても決勝Tに行けるのかな?」とか、やっぱり気になりますよね。

勝ち点が並んだ場合には、得失点差や総得点くらいまでは想像できたものの、「それでも差がなかったらどうなんの!?」という事が妙に気になったので調べてみました。



ワールドカップのグループリーグの順位決定方法

順位の決め方は下記の通りです。

  1. 勝ち点(勝ちは3、引き分けは1)
  2. 得失点差(得点-失点)
  3. 総得点(得点の合計)

ここまでで順位が決まらない場合は、さらに・・・

  1. 順位が並んだチーム同士の試合の勝ち点
  2. 順位が並んだチーム同志の試合の得失点差
  3. 順位が並んだチーム同士の総得点
  4. 警告ポイント
  5. 抽選

最終的には抽選になるんだろうなとは思ってましたが、警告ポイントは初めて知りました。

警告ポイントの内容

警告ポイントはイエローカードやレッドカードの数などで決まるポイントです。

  • イエローカード・・・-1ポイント
  • レッドカード・・・-4ポイント
  • 累積イエローカード(イエローカード2枚)・・・-3ポイント

2戦目終了時点での日本の突破条件

3選目のポーランド戦で日本が

勝利した場合:グループリーグ突破
引き分けた場合:グループリーグ突破
負けた場合:下記の3パターン

パターン1・・・パターンセネガルコロンビアでセネガルが勝利・・・グループリーグ突破
パターン2・・・・セネガルコロンビアでコロンビアが勝利・・・コロンビア1位通過で日本はセネガルと勝ち点4で並ぶ
パターン3・・・セネガル対コロンビアが引き分けだった場合は・・・セネガル1位通過。日本はコロンビアと勝ち点4で並びますが、現状の得失点差でコロンビアに負けているので、日本は敗退決定。

ということで、日本が負けた場合は、順位決定方法に従って順位が決まることになります。

現状の得失点差はと総得点は

  • 日本・・・得失点差1、総得点4
  • セネガル・・・得失点差1、総得点4
  • コロンビア・・・得失点差2、総得点4

現状の警告ポイントは

  • 日本・・・3ポイント
  • セネガル・・・5ポイント
  • コロンビア6ポイント

順位決定方法に従って決勝トーナメント進出チームが決まるパターンは、上記のパターン「2」です。

負けるにしても「何点差で負けるのか」「何点取って負けるのか」が重要になってきそうです。

ポーランド戦で敗戦すると、セネガルvsコロンビア次第になってしまうので、ここまで来たら勝つか引き分けで自力で決勝T進出を決めてもらいたいですね!



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
複数の利用で転職成功をマイナビエージェント』は、サポート力もありホワイト求人の紹介にも定評があるので多くの人におすすめです。

ただし、転職成功は、優秀なキャリアアドバイザーに出会えるかどうかで決まると言っても過言ではありません。

優秀なキャリアアドバイザーに出会う為には、初めから複数の転職エージェントに登録することが必要です。

実際のところ転職では、ほとんどの人が3社以上のエージェントを利用しています。

マイナビエージェント』の他に今すぐ登録しておいたほうがいい転職エージェントは、タイプ別に以下に紹介しておきます。

・転職が初めてという方は、以下の3つのエージェントがオススメ

リクルートエージェント
DODA
パソナキャリア

・第二新卒での転職を検討している方は、以下の2つのエージェントがおすすめ

リクルートエージェント
ハタラクティブ

・ハイキャリア(現在の年収が500万円以上)の転職を検討している方は、  以下の3つのエージェントに登録して求人の幅を増やしましょう。

リクルートエージェント
JACリクルートメント
ビズリーチ

その他のエージェントについては、転職エージェント比較のページをご覧ください。