休題   2017.08.18

8/17終了時点のパリーグ優勝ラインをライオンズ目線でシミュレーションしてみた

パリーグ優勝ライン
picupPick Up!
 転職の達人が厳選する「転職エージェント徹底比較」

8/17の埼玉西武ライオンズは、代打栗山のサヨナラ3ランホームランで、5連勝を飾りました!

現在のラインナップは以下の通りです。

打順守備選手名打率打点8月打率
1(左)金子 侑司.314426.245
2(遊)源田 壮亮.271344.322
3(中)秋山 翔吾.3412170.400
4(二)浅村 栄斗.3081581.293
5(一)山川 穂高.300933.404
6(指)森 友哉.60014.600
7(右)外崎 修汰.2481038.315
8(捕)炭谷 銀仁朗.265224.242
9(三)永江恭平.28614.333
メヒア.2441649.000
栗山 巧.246734.133
中村 剛也.2272470.214

※打率は8/17終了後

代わりにおかわり君こと中村剛也が腰痛で2軍でお休みになりましたが、今の打線の充実ぶりからすると、不在が痛くないようなおかしい状況です。本日2軍でホームランを放ったメヒアが1軍に戻って、12球団1と言ってもよいほどの打撃陣が完成してしまいました。

おかわり君には、まだ大事な試合が続きますので最終兵器として体調万全で戻ってきてもらうとして、ファンからすると難しいことが解っていても「優勝」がちらついてきます。

いやぁ、他の球団のファンの方からすると「ありえない」と思うでしょうが・・・
しかし、期待せざるを得ないほどのチームの充実っぷりなのです。

連日、劇的な勝利を挙げていますし、肌で感じるムードは優勝するチームのムードです。13連勝はもちろんのこと、炎獅子ユニホームになってから20勝4敗。実に0.833という驚異の勝率です。

打線は、どの打順から始まっても点が取れる相手投手が気の毒になるような打線です。その上、勝ち方もすごい。

この楽天3連戦の結果

1戦目、楽天コラレスの乱調で点をもらいながら7-7になってどうなることかと思いきや、終わってみれば17-8の大勝。山川、永江(森友哉四球)、外崎の3発の流れにはベンチもお祭りムードで盛り上がっていました。

2戦目、楽天美馬で簡単には打ち崩せないと思っていました。しかし、いつも簡単にヒットを量産する秋山・浅村の中軸が無安打に抑えられているにも関わらず、永江の2点タイムリー、森の今シーズ第1号のホームランなど、しっかり5点を奪い、投げては今シーズン負けなしの岡本洋介が6勝目。気迫のこもったピッチングに打線も奮い立つのでしょうか。リリーフ陣は何食わぬ顔で完封リレーで5-0。

3選目は、正直、安楽でも雄星だから大丈夫だろうと思ってましたが、安楽を打ち崩せず、9回まで0-0。

9回裏も2アウトまで行った時には、嫌な予感もありましたが、外崎2ベースの後、銀仁朗がねばりにねばって死球。ここで栗山巧が代打。

その時点で地響きが起こるような大歓声。幾度となく大事な場面で打つところを見てきたので、決めてくれる気がしてなりませんでした。

外野が前進守備だったので、なおさらですね。ここのところ調子が悪かったとはいえ、もうひと伸びという打球は沢山ありました。外野の頭は越えると思っていました。

打った瞬間、越えたとは思った打球でしたが、さすがは栗山、役者が違います。

頼れる元キャプテンの一振りは、ライオンズファンの待つレフトスタンドへ。優勝が決まったんじゃないかというほどの盛り上がりっぷりで熱戦は幕を閉じました。

エースの好投と元キャプテンのサヨナラホームランで3-0

DODA

DODA圧倒的な非公開求人数!サポート力にも定評がある全年齢におすすめ

キャリアアドバイザーは業界・職種別に担当が分かれている為、プロフェッショナルのサポートが受けられます。

紹介される求人数や頻度など5つの満足度でNo.1。登録必須の転職エージェント。

サイト登録・詳細を見る

炎獅子ユニホームでは20勝4敗

こうなれば、無理は承知で優勝を願うしかありません。
普通に考えれば無理です。
でも、炎獅子ユニの20勝4敗だって、起こる前なら誰もが無理と言ったはず。

誰も今年の西武が13連勝なんてすると思っていなかったし、ましてや20勝4敗です。

今のライオンズなら、夢を追うに値する。というか、これで諦めてたら、またいつ優勝争いできるか解らないわけですから「来年は」なんて言わずに応援しようと思います。

リクナビNEXT

リクナビNEXT転職者の8割が利用!求人数、転職実績ともにNo.1の転職サイト。転職を考えたら、まずはリクナビNEXTに登録しておきましょう。簡単に自分の強みを知ることができるグッドポイント診断で自己分析などの転職準備が捗ります。

サイト登録・詳細を見る

というわけで、残り試合のシミュレーション

90勝ラインで計算した場合

チーム90勝ライン勝率
ソフトバンク19-16.543
楽天27-16.628
西武27-10.729

計算すると現実を見せられます。ライオンズが7割以上勝っても、ソフトバンクが5割4分でないとダメですか・・・

ライオンズが炎獅子の勢いで勝つなら残りを8割勝つこともあるわけですが、さすがに無謀なのでギリギリのところで90勝ラインでしょうね。

普通に考えれば、今の勢いを考慮しても85勝といったところでしょう。しかし、85勝ではソフバンが大きく負け越さなければない時点で、東浜と千賀と武田とバンデンハークのうち2人、もしくはサファテもセットでケガでもしないと有り得ないのではないでしょうか。

<スポンサードリンク>




勝手にシミュレーション

ソフトバンク

対戦チーム残り試合勝敗ひとこと
楽天104勝6敗楽天がんばれ!
西武72勝5敗現実的ではないが・・・
オリックス75勝2敗2勝くらいは・・・
日ハム43勝1敗1勝はして欲しい・・・
ロッテ75勝2敗2勝は厳しいが・・・

楽天

対戦チーム残り試合勝敗ひとこと
ソフバン106勝4敗楽天がんばれ!
西武72勝5敗勝しかない!
オリックス64勝2敗オリ頼む
日ハム107勝3敗3勝は厳しいか・・・
ロッテ108勝2敗ロッテの意地を!

西武

対戦チーム残り試合勝敗ひとこと
ソフバン75勝2敗勝しかないです
楽天75勝2敗勝てる気もします
オリックス86勝2敗一番怪しい?
日ハム97勝2敗全部勝ちたいが・・・
ロッテ64勝2敗5勝1敗にできたらベスト

実はオリックスが「T-岡田」から始まる打線に変更になってすぐ西武戦があって、打順を変えるだけでこれだけ怖いものかと思ったのですが、既に機能しなくなって、変更されてます。

オリックスが台風の目になって、ソフバン、楽天を喰ってくれるのではと期待していたのですが、そこまでは期待できなそうな感じです。

いい打者も、いい投手もいて西武は強いのにね。でも少し期待はしています。そうすれば上位への直接対決で4勝3敗でいける目が出てくると思います。

日ハムも大谷が本調子になってきているし、レアードも調子よくなってきて、中田も少し上げてきた感じです。大谷が投手としても投げるかもしれません。

ただし、日ハム強くなると9試合残っているだけになんともですね。大谷は、そのうち投げるでしょうが、復帰後すぐ負けさせたくないでしょうから、上位で復活はあまりないかも。

ただ、下位チームも来季を睨んで育成していますので、いい投手が沢山います。どうなるかはやってみなければ解りません。

下位が強くなれば、ライオンズにとっても脅威ですから条件は同じなのですが、優勝するには運も必要。まだ安定したピッチングはできないものの素材の良い投手達が、上位2チームでのみ好投なんて妄想もなくはないのです。

ともかく、厳しいことには変わりはありませんが、ライオンズファンならずとも、面白い展開になってきたのではないでしょうか。

今日からの日ハム三連戦、首位決戦、目が離せなくなりました。

西武は取りこぼせず、楽天も負け越したらかなりの痛手でしょう。辻監督や選手が考えている通り、相手の勝敗ではなく、とにかく目の前の試合に勝ち続ける以外ないですね。

楽しみでもあり、胃が痛くもあり、なんとも野球ってすごいスポーツだなとつくづく思います。

<スポンサードリンク>




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る