女性の転職 2018.07.12

子持ちで正社員の転職は難しい?30代女性・ワーキングマザーが成功するためのポイント

30代の子持ち女性にが正社員へ転職するのは、様々な要素を考えると簡単ではありません。

転職失敗しないためにも、安易に勢いで転職を決めないようにしたいところです。

このページでは、30代、子持ちのワーキングマザーが正社員転職に成功するためのポイントを解説していますので、ぜひ、参考にしてください。

ホワイト求人の紹介が多かった転職エージェント

20代・30代のホワイト求人が豊富!関東・関西圏におすすめ

マイナビエージェントを利用した際の感想は、ホワイト求人の紹介が多く、丁寧に紹介の理由まで教えてくれたので安心して、任せられたという印象が強いです。

徹底した職務経歴書や面接対策など手厚いサポートでバランスが良く、無理に転職を急かされることもないので、利用者の評判もかなり良い転職エージェントです。

20代・30代の良質な求人案件が豊富なので希望通りの内定を得たいなら利用価値が高いです。

マイナビエージェント(登録1分・履歴書不要)

子持ちの女性の転職は難しい?

まず、子持ちで働くワーキングマザーの女性が正社員で転職することは、子供がいない人とは違って難しいという認識は持っておいた方が良いでしょう。

子持ちの女性を採用する際の企業の懸念材料は

  • 家庭を優先するのではないか
  • すぐに辞めてしまわないだろうか

というようなことです。

小さい子供がいれば、学校から呼び出されることもあるでしょうし、急な発熱や病気の際に休みや早退を取らなくてはいけないこともあると想定されます。

さらに、家庭や子育てと仕事の両立の負担に耐えられなければ辞めてしまうかもと思われるのは仕方のないことでもあります。

そういった事情から、子持ちの女性の採用を控える企業があるのも事実です。

30代の女性は産後も働きたいという人が少なくありませんが、子育てと仕事の両立は大変なことも多く、会社の制度や理解度によっても苦労することが多く、課題が多いのは現実です。

しかし、子持ちだからといって諦めたりネガティブになりすぎる必要はありません。

大企業では働く女性のロールモデルや、家庭と両立してもらうためのノウハウも蓄積していますが、小さい会社やベンチャー企業などでは、まだ前例が少なく、将来のことを見据えて敢えてロールモデルとすべく子持ちの女性を採用しようというケースも増えています。

また、子持ちの女性は仕事に責任を持ち、短時間で集中して効率の良い仕事ができると考えている企業も少なからずありますし、良いアピールさえできれば、転職に成功できるケースも十分にあります。

DODA

DODA圧倒的な非公開求人数!サポート力にも定評がある全年齢におすすめ

キャリアアドバイザーは業界・職種別に担当が分かれている為、プロフェッショナルのサポートが受けられます。

紹介される求人数や頻度など5つの満足度でNo.1。登録必須の転職エージェント。

サイト登録・詳細を見る

30代の子持ち女性が正社員での転職成功するためのポイント

子持ち女性の転職成功のためには、行き当たりばったりの転職活動をするのではなく、戦略的に準備をして、それに沿った行動をしていくことが大切です。

その為には、下記の3点が大切です。

  • 希望条件を明確にする
  • 女性が活躍している職場を選ぶ
  • 選考対策をしっかりする

希望条件を明確にする

希望条件は、お子様の年齢やご主人をはじめとする家族の理解度など家庭の状況や、目的感の違いによっても大きく違ってきます。

曖昧に決めてしまえば入社後に後悔するようなことにもなりかねませんし、それ以前に多くの事が曖昧なままでは、企業にとっても採用しづらい人材に映ってしまいます。

  • 育児と仕事を両立したい
  • 出産前のようにバリバリ働きたい
  • 経済的な理由で働く必要がある

など、同じ子持ちの女性でもタイプによって希望の条件は異なるのは当然のことですし、希望条件の優先順位も人それぞれだと思います。

「家から近いほうが良い」「残業は○時間まで」「年収は○○○円以上」など、転職で得たい希望を優先順位を含めて明確にして臨むことが大切です。

ただし、全く妥協しないで転職することは簡単ではないので、どの条件は譲れないのか、どの条件なら妥協しても良いのかというラインも明確にしておくようにしましょう。

女性が活躍している職場を選ぶ

女性が活躍できる会社は増えていますが、まだまだ全ての会社がそうだとは言えない状況です。

女性が活躍している企業なら、子育てをしながら働いく女性のモデルケースがあるので、子持ちの女性が仕事をしやすい環境が整っていることもあります。

託児所があったり、フレックスで仕事時間が選べたりというような、子持ち女性にとって有難い環境が整っている企業までは全ての人が望める訳ではありませんが、女性が活躍しているだけでも、子供に何かあった場合などに融通が利きやすかったり、相談相手がいるというメリットがあります。

選考対策をしっかりする

企業によって仕事内容が違うだけでなく、希望する人材のニーズが違います。

経歴を活かせることを伝えらえれるアピールは大事ですが、企業が評価しようとしていない部分をアピールしたところで、採用に至ることは考えづらいです。

できるだけ、企業の事を知り、どういう人材が欲しいかを考えた上で、面接対策などを行うようにしましょう。

また、面接対策で言えば、「お子さんが急に熱を出したらどうしますか」「仕事と家庭の両立はどのようにお考えですか」など、必ず聞かれるであろう質問の回答はあらかじめ準備しておくようにしましょう。

例えば、「近所に両親が住んでいるので、いざという時はサポートしてもらえるようにお願いしてあります」など、家庭のサポートがある事を伝えるのも企業からすれば安心材料になるでしょう。

いざという時のこともシミュレーションして、家族へのサポートを仰ぐなど、あらかじめ話し合っておくことも大切です。

リクルートエージェント

リクルートエージェント転職実績NO.1!20代・30代におすすめ

リクルートエージェントは最大手の転職エージェント。求人の質・量ともにトップクラスで、利用価値が高い転職エージェントです。

利用した際の感想は、提案力が高く満足の行く転職が効率的にできたという印象です。

質の高い独自案件も多く、まず最初に登録すべき転職エージェントです。

子持ちの女性の転職のタイミングは?

転職に良いタイミングは、お子さんの成長とリンクするでしょう。

  • 保育園から小学生に上がるタイミング
  • 子供が小学生高学年になるタイミング
  • 中学校入学時

保育園から小学生に上がるタイミングは、ワーキングマザーの間で言われる「小1の壁」と言われるタイミングです。

学童保育の時間も小学生のほうが短くなりますし、親の参加が必要なイベントごとや、子供フォローの負担が大きくなると言われています。

この時期に仕事と家庭の両立に悩みを抱える女性が多く、仕事を退職したり、負担の少ないパートなどに転職する人も少なくありません。

その子供のフォローが少なくて済むようになってくるのが小学生高学年(4年~)です。ある程度自分でできることも増え、お留守番もできるようになるので、このタイミングでキャリアを考え直す人も多いです。

もう1つは、中学生になったタイミング。将来のことを考えると教育費も必要になりますし、年収アップしたいと考えるのは当然のことかもしれません。

どのタイミングで転職したら良いのかは、各家庭によっても様々ですし、ライフスタイルによっても違うでしょう。

中学校入学時であれば、子育ての影響で不利になることはないでしょうが、安易に転職をすることは控えたほうが良いです。

転職エージェントを活用しよう

働く女性は何かと不安も大きいものですし、前述した選考対策にしても、自力で行うのは口で言うほど簡単ではありません。

まずは、転職エージェントを利用し、希望の条件や現在の状況を相談するところから始めるようにしましょう。

転職エージェントでは、求人の紹介や面接スケジュールの調整、面接対策・書類対策など様々なサポートを無料でしてくれます。

30代女性におすすめの転職エージェントは下記に紹介しておきますので参考にしてください。

DODA

doda
DODAは、女性の転職にも力を入れ、丁寧なサポートにも定評があります。その上、求人数は国内最大級ですから、より多くの求人の中から選択肢を得たい30代女性にとっても登録必須の転職エージェントです。

利用者の年齢層から見ても、30代の利用者が多いので、安心して利用できます。

サービスの種類転職エージェント
求人数国内最大規模
サポート力定評があるが、大手なので当たり外れの差が大きい

マイナビエージェント

マイナビエージェント

若手の人気と実績が強みのマイナビエージェントは、古くから女性の支援にも積極的で、女性支援のノウハウも蓄積されています。

若手に強みがあると言われていますが、30代の利用者割合はリクルートエージェントよりも多くいですし、丁寧なサポートやホワイト求人の紹介に定評があります。

サポート力の必要な女性にとってもメリットは大きいでしょう。

サービスの種類転職エージェント
求人数国内最大規模
サポート力定評があるが、大手なので当たり外れの差が大きい

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントは、国内最大級の求人数を誇る転職エージェントです。条件に合わない利用者には冷たいと言う評判もありますが、単純に合理的で効率的な面が強い傾向があります。

優秀なコンサルが多く、良い意味でも悪い意味でも仕事が早い印象があります。キャリアに少しでも自信のある方には、強い味方になってもられる可能性が高いです。

また、自信がない人の場合でも、30代の場合、より多くの求人と接点を作る必要性があるので、リクルートエージェントは外せない選択肢になります。

サービスの種類転職エージェント
求人数国内最大規模
サポート力優秀だが、ビジネスライク

typeの転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェントは、サービスにこだわった質を重視した姿勢を貫き、高い年収アップ率を実現している転職エージェントです。

『女の転職@type』を運営するキャリアデザインセンターが運営。古くから女性の転職に力を入れているので安心です。

業界内でも手厚いサポートに定評があり、大手との差別化を「サービスの質」で図る姿勢は転職者にとっては有難いです。

首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉の1都3県)の求人がメインですので、首都圏の人にはかなりおすすめです。

パソナキャリア

パソナキャリア
結婚・出産、子育てなど、ワークライフバランスの悩みを抱えることの多い30代は、様々なサポートをしてもらい、転職活動の負担を減らす中で、キャリアプランを検討していくことが大切です。

実現するには、丁寧なサポートに定評のあるパソナキャリアは重要な選択肢になります。DODA・リクルートエージェントの大手2社と一緒に、パソナキャリアも登録するようにしましょう。

サービスの種類転職エージェント
求人数中規模
サポート力手厚いと定評がある

求人型の転職サイトを含めて、さらに詳しく知りたい場合は下記のページも参考にしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
複数の利用で転職成功をマイナビエージェント』は、サポート力もありホワイト求人の紹介にも定評があるので多くの人におすすめです。

ただし、転職成功は、優秀なキャリアアドバイザーに出会えるかどうかで決まると言っても過言ではありません。

優秀なキャリアアドバイザーに出会う為には、初めから複数の転職エージェントに登録することが必要です。

実際のところ転職では、ほとんどの人が3社以上のエージェントを利用しています。

マイナビエージェント』の他に今すぐ登録しておいたほうがいい転職エージェントは、タイプ別に以下に紹介しておきます。

・転職が初めてという方は、以下の3つのエージェントがオススメ

リクルートエージェント
DODA
パソナキャリア

・第二新卒での転職を検討している方は、以下の2つのエージェントがおすすめ

リクルートエージェント
ハタラクティブ

・ハイキャリア(現在の年収が500万円以上)の転職を検討している方は、  以下の3つのエージェントに登録して求人の幅を増やしましょう。

リクルートエージェント
JACリクルートメント
ビズリーチ

その他のエージェントについては、転職エージェント比較のページをご覧ください。